おでこの汗対策手術〜費用や保険適用について

胸腔鏡下交感神経節遮断術

 

おでこの汗が尋常ではない量であり、日常生活に支障を来すほどであれば、顔面多汗症の可能性があります。

 

 

このおでこの汗対策には、ボトックス注射や内服薬もありますが、手術が適応となるレベルの場合もあります。
⇒⇒ボトックス注射のおでこの汗への効果と副作用

 

 

主に「胸腔鏡下交感神経節遮断術(ETS)」が行われるのですが、発汗の指令を出している交感神経を切断することを目的とした内視鏡手術です。発汗に関する治療では最終手段とされています。
参考:関東病院HP

 

 

手の汗を止めるための手術で行われるものの、顔面や腋の汗も減少することから、顔面多汗症の改善にも行われる手法です。

 

 

手術費用は、健康保険適用はされるので、全額負担をしなくて済むので安心して受けられるでしょう。

 

実際に、医療機関に支払う自己負担は健康保険の種類にもよりますが、1割から3割程度です。

 

 

保険適用されてから患者が支払う自己負担の手術費用とは、10万円前後が一般的です。

 

 

確かに、手術費用はかなり高額になる金額ですが、自己負担分を支払った分は、高額健康保険が適用され、自己負担は3割程度となります。

 

 

事前申請できなくても
償還払いしてもらえるので

 

退院後に手続きを行えば、数か月後には、高額療養費が適用され、自己負担は3割程度となり
高額療養費の限度額を超えた分の金額が戻ってきます。

 

 

 

尋常ではないおでこの汗対策で、悩んでいる方は、このような手術を検討するのも一つの改善策として有効ではないでしょうか。

 

保険適用はされるし、手術費用にかかった自己負担分も、高額療養費で一部は償還払いされるのは安心です。

 

 

まだ、やれることがあるうちは手術は早いかと思われますが
ストレスが深刻になる前に1度カウンセリングを受けるのも安心できて良かと。

 
厚生労働省認可
【顔汗専用】美容液タイプの制汗クリームが売れています。
⇒⇒詳細はこちらの公式キャンペーンサイトで御覧ください。