大人と子供のおでこの汗疹の治し方の違いとは

子供は使える薬が限られている

 

汗をかく季節になると起こるのがおでこの汗疹いわゆるあせもです。

 

 

おでこの汗疹は子供がなるものというイメージを持つ方もいるかもしれませんが、高温多湿の日本では大人がなっても珍しくない症状です。

 

 

そんなおでこの汗疹は放っておくと悪化する可能性もあるので、早めに治療をすることが必要ですが、この時に気になるのが大人と子供では治し方の違い。

 

うっかり間違った治し方をしてしまったらと考えると心配ですね。

 

 

まずおでこの汗をこまめに拭いて、市販に販売されている汗疹用の薬などを用いるという点では、治し方に大人と子供の違いはありません。

 

 

市販薬は液体タイプやパウダータイプ、軟膏、クリームタイプ、ステロイド配合タイプなど様々なものがありますので、そこから選ぶとよいでしょう。

 

 

ただし、この時気を付けなければいけないのが、
子供は使える薬が限られているということです。

 

 

一般的に子供はまだ肌が敏感ですので、ステロイドが配合されているような効果の強い薬は向いていません。

 

 

もちろん、大人でも敏感肌という方は、効果の強い薬を使う際には薬剤師などに相談した方がよいでしょう。

 

 

つまり、大人と子供の治し方の違いとは使える薬のみであり、おでこの汗疹への予防策にも大きな違いはないといえるのです。

 

 

また市販薬を使って効果が見られない場合、他の病気である可能性もありますので、その時は早めに皮膚科に行くようにしなければいけません。

 
厚生労働省認可
【顔汗専用】美容液タイプの制汗クリームが売れています。
⇒⇒詳細はこちらの公式キャンペーンサイトで御覧ください。