おでこの汗にオドレミンを使う

顔汗には強すぎる可能性

オドレミンをおでこの汗に使った場合のメリット・デメリットをまとめました。

 

 

オドレミンは「塩化アルミニウム水溶液」が主成分。

 

皮膚科で汗について相談すると処方されるのが塩化アルミニウム水溶液です。

 

市販のオドレミンは13%程度の濃度なので
皮膚科でもらうものよりは弱くなりますが、普通の制汗剤と比べると効果は強いです。

 

汗腺にフタをして汗を止めるので、使いすぎは問題ですが、、、

 

 

残念ながら
おでこの汗に使用することはオススメできません。

 

基本的に
オドレミンは脇の下など気になる部分に指先ですり込むように塗布して使うものです。

 

 

オドレミンは酸性が強いため、肌の弱い方が使用すると、「かぶれ」「かゆみ」の副作用がでることも。

 

 

身体でもそのようなリスクの可能性があるので、おでこの汗には使えないと考えた方が、無難でしょう。

 

 

塩化アルミニウムがアルツハイマーを引き起こす
といったウワサもありました。

 

これについては真偽がわかりません。

 

 

オドレミンの制汗効果とは、 少量で体感出来るため、脇の下の場合は、片側で2〜3滴程度が目安です。

 

確かに脇の下もデリケートな場所ですので、使用した後には皮膚の変化がないか注意をしておく必要もあるでしょう。

 

 

ですから、おでこの汗に使うのはさらにデリケートな顔の一部ですので、やはり、避けるべきではないでしょうか。

 

 

どうしても使ってみたいと言う方は、これらのリスクがあることを把握してから自己責任だと言うことを理解した上で使用するしかありません。

 

 

おでこの汗は、顔面多汗症という疾患の可能性があるので、適切な治療方法を受けるのが、根本改善にはお勧めです。

 

一度、カウンセリングだけでも受けておくと安心ですね。

 
厚生労働省認可
【顔汗専用】美容液タイプの制汗クリームが売れています。
⇒⇒詳細はこちらの公式キャンペーンサイトで御覧ください。