おでこの汗を抑える為に

おでこの汗が止まらない原因と応急処置、薬で抑える方法


おでこの汗が止まらない原因では

  • 顔面多汗症
  • 緊張性発汗
  • ホットフラッシュ
  • バセドウ病
  • 糖尿病
が考えられます。

 

ここではひどいおでこの汗の
原因対策について説明して参ります。

おでこの汗の原因は、複雑

汗が止まらない原因は、精神性発汗やバセドウ病、糖尿病、更年期障害など、複雑に関係しあっている為、
一概に原因を決めつける事は危険とされています。

 

ですが、おでこに汗が大量に吹き出す直接的な原因としては
交感神経の過剰な反応になります。

 

その交感神経から分泌されたアセチルコリンという神経伝達物質が発汗を促すとされます。

 

 

この交感神経などが乱れる原因としては、ほとんどの場合、
生活習慣の乱れている事が指摘されます。

 

当然の事になってしまいますが
まず症状をある程度改善したいと考えるならば、ご自身の生活習慣をチェックして改善していく事は避けられません。

 

 

生活改善は難しいのが事実です。

 

寝不足やストレスなどホルモンバランスや自律神経などに悪影響を与えるため、できるだけ改善していけるように心がけていきましょう。

 

おでこの不必要な汗は、生活改善による自律神経の安定のみでも、かなり完全させます。

ホットフラッシュでおでこの汗が止まらない原因と止め方

ホットフラッシュとは、暑いわけでもなく周囲の人は汗をかいていないのに突然自分だけが暑くなり顔がのぼせたり汗が出てしまう事です。
更年期障害の女性に多くある症状です。

 

自律神経が乱れることが原因となっています。
おでこの汗が止まらない原因とは女性ホルモンの減少により自律神経が乱れることで発汗の調節機能が乱れてしまうのです。
おでこの汗の止め方とは、ツボ押しなども効果があるといわれています。

 

おでこから汗が出てしまったら、汗のことをできるだけ考えないようにして気を紛らわすようにする、ツボを押して収まるのを待つという事が必要になります。考えすぎないことが一番の止め方です。

 

考えすぎてしまったり、周りを気にしすぎると逆効果となってしまうのです。
周りは自分のことをそんなに気にしていないと考えるようにしましょう。

 

血の巡りが悪くなることも原因となるので、適度な運動をすることやストレスをためない、リンパのつまりを流すようにするなどという事をして血流をよくするようにしましょう。

 

リンパオイルマッサージを定期的に受ける、ウォーキングなどで体を動かす、ストレスがたまらないように趣味を持ったりして楽しく過ごすなども効果があります。

 

>>知っておきたい!おでこの汗を抑える薬用化粧品

 

緊張でおでこの汗がひどい原因と止め方

緊張した時に、おでこの汗がヤバいくらい出てしまうという人はストレス的に弱い可能性があります。

 

汗かきの人はたくさんいますが、病気ではなく運動などをしていないのにおでこの汗がヤバい場合は、精神的にプレッシャーを受けていることが多く、体温を調節するために汗をかくのではなく、ストレスによって自律神経が崩れてしまったことが原因で汗が出ていると考えられるのです。

 

ストレス性の汗かき原因とは、ストレスに弱いということがいえます。

 

特徴としては例えば何事も考え過ぎてしまう人や完璧主義者だったりすることが多い傾向にあります。

 

また胃が弱いといった人も多いようです。

 

またすぐに緊張してしまいパニックになってしまっておでこの汗がヤバいことになるケースもめずらしくありません。

 

緊張汗の止め方とは、ストレスを感じないようにすることが一番です。
しかし性格的に緊張をほぐすのが苦手な人もおでこの汗がヤバい人の特徴といえるでしょう。

 

ですから緊張をした時の基本は、まず深呼吸をして落ち着くことが重要です。
また手の人差し指と親指の骨の付け根にある合谷というツボも汗を止める効果があるので試してみてはどうでしょうか。
大切な用事の時に汗が出て困る場合は、皮脂吸収クリームも効果的です。

 

>>知っておきたい!おでこの汗を抑える薬用化粧品

 

おでこの汗が止まらない病気

まず、おでこの汗が止まらない病気として多いのが糖尿病です。

糖尿病で汗が止まらない

糖尿病になると自律神経に異常が起こり、汗が止まらない現象が起こります。

 

 

自律神経は、体を活発にさせる時に働く交感神経と、休んでいる時に働く副交感神経の二つがあります。

 

この二つが上手く働かないと、おでこの汗やめまいがするなどの異常が現れます。

 

さらに汗が止まらない病気はもう1つあります。

 

バセドウ病です。

バセドウ病とは?

バセドウ病は甲状腺ホルモンが過剰分泌される病気で、20代から30代に多い病気です。

 

 

一見健康的ではだ艶もよく健康そうに見えるため、見逃しがちな病です。

 

 

バセドウ病で汗が止まらない理由は、
交感神経ホルモンが異常分泌され、常に交感神経が高まっている状態にあるためです。

 

 

そうすると、

  • 何をしても常にエネルギーが消費されて沢山食べても痩せる
  • 体温が上昇して汗をかく
  • 手が震える
  • 目見開く
  • 動悸
  • 血圧上昇
という症状が現れます。

 

 

つまり、平常時でも運動をしているのと同じ状況になります。

 

 

疲れやすい上に精神的にも不安定になりイライラしていまいます。

 

 

診断は血液検査でホルモンの値を測定し、治療は手術や薬、放射線などです。
糖尿病もバセドウ病も同じ内分泌系の病気です。

 

 

なかなか気づかれにくいため、本人も見逃してしまう場合もあります。
異常に汗をかくようになったと思ったら、内科へ受診してください。

おでこの汗はひどいけど、医者に行く程でもないんだけど。。。

そうは言っても
症状が改善されない場合などは、できるだけ早めに病院で診察を受けることも視野に入れておきましょう。

 

 

専門家による診察を受けることで、的確な治療、また対処法などをアドバイスしてくれるため安心することができます。
何より精神的な安心を得ることで精神性発汗を抑えることにもつながります。

 

ちょっとしたおでこの汗と言えども
不安を長く持ち続けないことは、とても大切なんです。

 

おでこの汗を止める成分

最近は薬用化粧品などでも安全におでこの汗を止める方法もあります。
顔の肌はデリケートですので汗を抑える化粧品でも大切な成分があります。

汗を抑える薬用成分パラフェノールスルホン酸亜鉛

パラフェノールスルホン酸亜鉛は、制汗剤に含まれる汗を抑える薬用成分です。制汗剤を肌に塗ることで、汗腺のタンパク質に反応して凝固させ、汗腺の出口を塞いで汗を抑える働きをしてくれます。同時にニオイもシャットアウトできるので、ワキガに悩んでいる方にもオススメの成分です。安全性は高く防腐剤としても使用されたり、洗顔後の毛穴を引き締める収れん剤としても化粧水などにも使用されています。全ての汗を止めるわけではなく、余分な汗を抑えることで雑菌の繁殖を防ぐことにもなり、結果的にニオイも大幅に減少させることができます。むやみやたらに混入させることはなく、薬剤としては配合濃度規制があり、100g中に2gまでと定められています。

和漢シャクヤクエキスの汗を抑える効果

和漢シャクヤクエキスの汗を抑える効果とは、収斂作用を応用したもので、一種の引き締めの効果として考えることもできます。和漢シャクヤクエキス原料になっているのは、ボタン科に属する植物で、別名では花の宰相とも呼ばれていますが、根の部分を乾燥させたものは生薬として幅広く使われています。漢方の分野では鎮痛などの作用も知られ、当帰と一緒に痛み止めの生薬としても使われます。有効成分のペオニフロリンは配糖体の一種となるもので、鎮静や血管拡張などの薬効があることが分かっています。汗を抑える効果とは、漢方的には固渋とも呼ばれていますが、和漢シャクヤクエキスを使うことで、体質を改善させながら効果を引き出すことができます。


顔専用の薬用制汗剤は、今のところ日本で1つです。(上記2つの薬用成分も含んでいます)

こちらの顔用制汗ジェルは
ジェルというよりはクリームな感じです。

 

美容液に制汗成分を配合している仕様なので
超敏感肌な方にも選ばれているようです。

 


テクスチャはサラッとしています。

 

メイクの上からおでこの汗を抑える時には
ポンポンと乗せるように付けるのがポイントです。

 

  • 人に会うとき
  • 汗によるメイク崩れを抑えたい
などに便利です。

 

【公式キャンペーンサイト】
http://salafe.com/特設

 

簡単な応急処置も大切

汗をかきっぱなしだと、私生活にも影響がでてしまうこともあるので、タオルやウェットティッシュなどを常備しておき、汗をかいたらこまめに拭き取るようにするといいでしょう。肌の負担を抑えることが可能です。

 

 

おでこの汗は、頭皮などにも影響がでてしまうので
頭皮を清潔に保つためにも、帰宅したらできるだけ早めにお風呂でおでこや頭皮にかいた汗を洗い流すようにしましょう。

 

おでこの汗を抑える薬とは?

額や頭、顔などから汗がたくさん出るとどうしても顔がかゆくなったり、顔をこすったりしてしまいがちです。
肌にトラブルがある場合には状態が悪化してしまう可能性がありますし、多汗症として人前に出るのがいやになってしまうこともあります。

 

おでこの汗に使われる薬には

  • ボツリヌス注射
  • プロバンサイン
  • グランダキシン

などになります。

 

1つ1つ効果と副作用について説明していきます。

 

ボツリヌス注射

まず近年有名になりつつあるのが
おでこの汗の薬としても有効なボツリヌス注射です。

 

おでこの汗を止める方法としての手術はありません。
薬による対策が限界地点です。

 

ボツリヌス注射の効果とは汗腺であるエクリン腺の働きを衰えさせることで汗を減少させます。
食中毒を引き起こす菌として知られていますが、無毒化して適切な量を注射することで汗を止める働きがあるのです。

 

 

おでこなど部位に注射するだけで済みますし、腫れも起こらず10分程度で完了する簡単な処置の治療になりますので便利です。

 

 

半年ごとに注射を打つだけで効果が持続しますし、神経遮断薬とは交感神経から伝達される汗を出すという信号を抑制する働きで過剰な汗を抑制することができます。

 

 

おでこに注射すれば、しわの予防にもなりますし、脇に注射すればワキガの臭い予防にもなります。
精神的なものが原因による汗については特に高い効果が期待できます。

 

 

注射による効果は数日してからじわじわとわかるようになりますので、なにかイベントのある場合には事前に注射をしておくことがおすすめです。

 

ボツリヌス注射の副作用

ボツリヌス注射の副作用とは個人差がありますので様々ですが、目の周りに腫れが起きたり、まぶたが重くて目が開けられない状態になったり、頭痛が起きたりすることが知られています。

 

 

どれも症状は重くなく、数日すると自然に改善することが報告されています。

 

>>知っておきたい!おでこの汗を抑える薬用化粧品

 

内服薬のプロバンサイン

同じく額の汗の薬として知られているのが内服薬のプロバンサインです。
プロバンサインの効果とは通常は腹痛などの痛み止めとして利用されており、発汗刺激となる交感神経の末端から分泌されるアセチルコリンを抑制する抗コリン剤として知られています。

プロバンサインの副作用

プロバンサインの副作用とは全身のアセチルコリンに作用してしまうことから、のどの渇きや目の渇き、尿が出にくくなるなどの症状が報告されています。
そのため常用するのは不適切で、特別な日のためにだけ利用するなど注意が必要になります。

 

>>知っておきたい!おでこの汗を抑える薬用化粧品

 

グランダキシンの汗への効果

一般的な人より多くの汗をかく「多汗症」。
手のひらや足の裏に大汗をかく「局所性」から、「全身性」のものまであります。

 

汗で悩んでいる人は一般的に皮膚科に行く人が多いようです。
しかし、実は汗の原因は一つではありません。
例えばおでこの汗のような顔面の多汗症は精神的な不安や緊張やストレスも原因の一つと言われています。
ですので、皮膚科に行って効果が得られず、少しでも思い当たる節があるのであれば、心療内科や精神科への受診もおすすめします。

 

心療内科や精神科では、汗への対処のために「グランダキシン」という薬を処方されることが増えています。
しかし、結論から言うとこの薬の効果とは、汗を抑えることではありません。

 

あくまで緊張や不安を和らげるのが目的です。
精神的な理由で汗が止まらないような場合には、この薬で改善されることも少なくないのです。

 

ただ、自律神経に働きかける薬ということで副作用の心配をする人もいるでしょう。

グランダキシンの副作用

グランダキシンの副作用とは、まれに眠くなったりふらついたりすることがある程度で、ほとんどありません。
ただし、気を付けたいのが耐性・依存性がある点です。
自己判断で長期服用せず、医師の指示に従ってください。

 

 

 

 

おでこの汗腺を抑えると他の汗が増える?

汗には体温を調整するという働きがあります。

 

しかし、おでこや顔などに汗をかくと、化粧が崩れてしまうし、恥ずかしいため、悩んでいる人も多いものです。

 

 

顔に汗をかく直接的な原因としては、汗腺の活動が鈍っていることが考えられます。

 

交感神経バランスは根本的な原因となりますが
汗腺活動の鈍りは直接的な原因です。

 

 

顔以外の汗腺が休眠状態になっている場合には、顔などの皮膚の一部が体温調整をしなければならなくなります。

 

 

その結果、顔に大量の汗をかくようになります。

 

汗腺の鈍り対策

対策としては、顔・おでこの汗腺を日常的に体を動かすなどして、汗をかきやすい環境・生活を心掛けるということです。

 

 

おでこの汗腺からの汗の分泌を抑えると、他の汗が増えるかと言うと、確かにそのような体の仕組みもあります。

 

 

汗のかく量に変化はありませんが、汗をかく場所に違いが出てくるため、顔に汗をかきたくないという場合には、上半身を圧迫するなどすると良いでしょう。

 

 

なお、このような体の一部を圧迫することで、圧迫されている側の汗の量が減り、逆側の汗をかく量が増えるという仕組みのことを、半側発汗といいます。

 

ですが顔の汗を一時的に抑えた程度で、別の部分の汗が一気に増えるなどという事はありません。

 

 

脇の汗や手汗などの手術で完全に汗腺を遮断してしまうと代償性発汗という
別の毛穴からの大量の発汗というケースもありますが

 

ちょっとした汗の抑え程度では体感する程のことはありません。

 

 

その他にも、発汗を抑制する効果を期待することが出来る食品として、大豆イソフラボンがあります。
普段の食事に積極的に取り入れてみると良いでしょう。

 

大豆イソフラボンには、汗をサラサラとしたものにする効果も期待されます。

おでこ汗ニキビの原因と対策

おでこにできた汗ニキビの原因とその対策方法について回答します。

 

 

私達は、まだ若い十代の頃からニキビが顔中心にでき始めます。

 

 

これは男性も女性もこの頃にできるニキビが、人生で一番頻繁にできてしまうので、大部分の人はその頃の恥ずかしいという思いを今でもありありと覚えているはずです。

 

 

しかし、おでこの汗ニキビと呼ばれるニキビは、大人になっても時々ではありますができてしまうことがあります。

 

生理前などの女性ホルモンの変化に伴うおでこのニキビも少なくありませんが
外部からの刺激によるニキビも多いのです。

 

外部刺激でのおでこのニキビ

この忌々しいニキビができてしまう原因は、帽子を被っていたり前髪が長かったりすることが原因であることが多いです。

 

なぜならば帽子を被ることや前髪を伸ばすことは、おでこが蒸れ続ける原因になるからです。
汗をかいてもそのままにしておくと、雑菌が繁殖する助けをしてしまうので、ニキビができやすくなるのです。

 

 

さらに、細かい刺激を受け続けるため、炎症と雑菌が反応しやすくなります。

 

対策は?

おでこ汗ニキビができないようにする為の対策は、とてもシンプルですが
おでこ周辺を常に清潔に保っておくことです。

 

 

例えば、帽子を被っていて汗をかき始めたと気づいたら、すぐにタオルやハンカチでおでこの汗を拭き取りましょう。
そうすれば、おでこを清潔に保つことができるので、帽子を被ったり前髪を伸ばすというファッションを楽しむことが続けられます。

 

大人のおでこ汗疹を治す方法と予防策

大人がおでこの汗疹になってしまった場合、治す方は、まず清潔にすることが基本になります。
と言っても、消毒するほどのことではありませんので
顔拭きシートなどでゴシゴシ拭く必要はありません。

 

余計な刺激を与えないことも大切です。

 

 

基本的には
1日2回の丁寧な洗顔を行うようにします。
その際、指でごしごし擦ったりすることなく、石鹸の泡で包みこむようにしてやさしく洗います。

 

 

髪についた汗や汚れが原因になっていることも多いので、おでこを出してもいいヘアスタイルの時は、髪留めなどで前髪をとめ、おでこに前髪がかからないようにしましょう。

 

 

また、シャンプーをした時、しっかりとすすぐようにすることも大切です。
ご自身で考えるよりも、はるかにすすぎ残しは多いとされています。

 

特に耳周りや後頭部付近は念入りに洗い流すようにしましょう。

 

 

緑茶は殺菌作用があるので、緑茶を含ませたガーゼなどで軽く叩くようにする方法もあります。

 

 

予防策は、何と言ってもこまめに汗を拭くようにすることが大切です。
汗を拭く時に使うハンカチは清潔なものであることも大切ですが、濡れタオルなどで拭くようにすると、より効果があるでしょう。

 

 

もちろん、濡れタオルも清潔なものを使うようにします。
強く吹かないことは大前提です。

 

 

 

 

このように、大人のおでこ汗疹を治す方法と予防策では
いつも行っていることを
より丁寧に行うことが大切になります。